メガネとの違い - 【コンタクトレンズのHOW TO】

メガネとの違い

このサイトを読んでくれているみなさんは、メガネからコンタクトレンズに替えようとしている人、違う種類のレンズを使おうとしている人…様々だと思います。特にメガネをやめてコンタクトレンズにしようと考えている人は、メガネとの違いをよく知っておく必要があります。

コンタクトレンズを使う理由

最近は、メガネよりもコンタクトレンズを使う人が増えています。それには、視力の低下をきっかけにメガネはダサイ、メガネよりも邪魔にならない…など、色々な理由があるでしょう。けれど、そのときの思いつきや勢いだけで判断してはいないか、もう一度よく考えてみてください。目というデリケートな部分に使うものだけに、その利点や欠点を十分に理解したうえで、慎重な判断が必要となります。もしかしたら、目の状態や利用環境によってはコンタクトレンズではなく、メガネにしたほうがいい場合もあります。

コンタクトレンズの利点

コンタクトレンズには、どんな利点があるのでしょう?

顔の印象を変えない

読書

コンタクトレンズの利点の1つに、顔の印象が変わらないことが挙げられるでしょう。普段メガネを使わない人が、メガネをかけるとそれまでの印象がガラッと変わってしまうことがあります。一方、コンタクトレンズの場合は、見た目にはつけているのかどうか分からないため、顔の印象が変わりません。どうしても自分にはメガネが似合わないと感じる人にも、おすすめです。

おしゃれがしやすい

特に女性にとっては、おしゃれがしやすくなることもコンタクトレンズ使用の利点ですね。 メイクや服装が決まった!と思っても、そこにメガネをかけると「なんか違う…」と思ったことありませんか?コンタクトレンズなら、そんなことにならずに好きなテイストのおしゃれを思う存分楽しむことができます。

スポーツにも適している

コンタクトレンズは、スポーツ好きの人にも向いています。とはいえ、メガネ同様、激しいスポーツをする際にはおすすめできません。ですが、そうでない場合にはメガネよりも視野が広くなりますし、メガネと違ってずれたりもしないので動きやすくなります。水泳もゴーグルを使うなら、コンタクトレンズ(1日使い捨てタイプのもの)をしたままでも大丈夫です。

コンタクトレンズの欠点

便利なコンタクトレンズですが、利点もあれば欠点もあることを忘れてはいけません。

丁寧な手入れが必要

メガネより、さらに丁寧な手入れが必要となります。外した後から次回つけるまでの間も、ちゃんとした手入れをし、保管しておかなければいけません。また、とても小さなレンズなので、なくしたりしないように取り扱いには十分注意しましょう。

目のトラブルが起きやすい

手入れと関係してくるのですが、レンズのこまめな手入れが面倒で怠っていると、様々な目のトラブルの原因になりかねません。目に入れるものなので、ケアをしっかりしなければ、目の病気を起こしやすくなってしまいます。

メガネとの比較

ほかに、メガネとコンタクトレンズでは、どんな違いがあるのでしょうか?その違いを見ていきましょう。

  メガネ コンタクトレンズ
取り扱い 比較的簡単
机の上などに置いたままにしていても平気です。手入れも軽く洗うか、柔らかい布で拭くだけで構いません。
慣れないと難しい
つけ外しの際、落としやすいので注意しましょう。専用の洗浄液につけ、ケースに入れて保管しておく必要があります。
使用時間 制限がない
疲れたと思ったら外しましょう。
制限がある
最小限にしましょう。個人差があるので、医師のアドバイスを受けてください。
見え方 倍率や距離感が変わる メガネと比べてそれほど変わらない
曇り 温度差や蒸気によって曇る 曇らない
不正乱視 向かない
たいていの屈折異常は矯正できますが、不正乱視は矯正できません。
向いている
最近は乱視用のソフトレンズもありますが、基本的にはハードレンズが向いています。

Copyright(c) 2010 コンタクトレンズのHOW TO All Rights Reserved.