購入する前に - 【コンタクトレンズのHOW TO】

購入する前に

さっそくコンタクトレンズを購入しよう!と思っても、お店や通販などですぐに手に入るわけではありません。直接お店に行くにしろ、通販を利用するにしろ、眼科で検査を受けて処方箋を出してもらう必要があります。医師が目を診察し、コンタクトレンズをつけても問題ないと判断して、初めて購入することができます。

なぜ医師の診断が必要?

コンタクトレンズを購入する際にもメガネと同様、眼科で検査を受けて、処方箋を出してもらわなければいけません。面倒ですが、これがコンタクトレンズを購入するためのルールになります。大切な目の健康のためにも、医師の検査・指導のもと、自分に合ったコンタクトレンズを購入しましょう。

コンタクトレンズは高度管理医療機器

目の検査

眼科医による検査が必要なのは、コンタクトレンズが高度管理医療機器に指定されているからなのです。この高度管理医療機器とは、『副作用や機能障害が発生した場合に、人体へのリスクが高いもの』として法的に位置づけられています。そのため、使い方を間違えれば、大変な事態を引き起こす可能性もあります。キケン防止のためにも医師の指示に従い、正しい知識を持って使わなければいけません。

検査の流れ

眼科での検査の流れを見ていきましょう。コンタクトレンズ購入までの流れをあらかじめ知っておくと、安心ですね。

受付

まずは、保険証を持って眼科に行きましょう。そして、受付でコンタクトレンズを作りたい旨を伝えてください。

目の検査

目の検査

受付が済んだら、目の検査を行います。視力検査をはじめ、目の病気はないか、涙の量はどれくらいか、目のカーブはどれくらいか…など、様々な検査をします。


レンズの決定

検査結果を受け、医師がコンタクトレンズを作ってもいいと判断したら、次は処方検査を行います。実際にテスト用のコンタクトレンズを装着し、見え方やつけ心地、目の状態などを観察し、最適なカーブの具合や度数を決めます。そして、付け外しの練習を行います。

購入

検査の流れは、「レンズの決定」でひとまず終了ですが、次は処方通りのコンタクトレンズを専門店などで購入します。購入に関して詳しくは【通販で買う】または【お店または眼科で買う】のページをご覧ください。


主な検査内容

ここで、コンタクトレンズ購入時に必要な検査内容を紹介しましょう。どのような検査をするのか、その内容を知って不安を取り除いてください。 まず、全身状態や目の病気をチェックしたあと、角膜や眼底に異常がないかを調べます。それから各検査に入っていきます。ちなみに、検査内容については個々の目の状態によって異なります。

視力検査

私たちに一番馴染み深いのが、視力検査です。ものが正しく見えているのかを検査します。一般的には裸眼での視力よりも、矯正視力のほうが重要視されます。

屈折検査

近視や遠視、乱視の度合いを測定するのが、屈折検査です。裸眼で一番見えやすい距離や乱視の度合い、大まかな角膜の形を調べることができます。

角膜形状解析検査

角膜の形を詳しく分析するのが、角膜形状解析検査です。コンタクトレンズの形を決めるために役立ちます。

細隙灯検査

眼科で一番重要だと言われているのが、細隙灯検査です。特殊な顕微鏡で直接目を観察し、傷や炎症、濁りなどを調べます。

費用

コンタクトを購入する際にはもちろん費用がかかりますが、それとは別に検査料金が必要になります。これは、コンタクトレンズを購入するために必要となる眼科検査の費用です。検査内容によっても異なりますが、約6000~8000円(初診料込みで)かかります。ですが、眼科検査には保険が適用されるため、実際にかかる費用が人によって違うので注意しましょう。


Copyright(c) 2010 コンタクトレンズのHOW TO All Rights Reserved.