お店または眼科で買う - 【コンタクトレンズのHOW TO】

お店で買う

眼科で医師の診察や様々な検査を受けて自分にあったものが決まったら、近くのお店に処方通りのコンタクトレンズを買いに行きましょう。初心者の場合はどんなお店がいいのか、どうやって買うのかなど…知りたいことがたくさんあります。お店でのコンタクトレンズの買い方を紹介しましょう。

お店選び

コンタクトレンズは毎日使うものだから良質で、できることなら安ければ助かりますよね。ですが、初心者の場合はお店もどこがいいのか分からずに、適当に入ったお店で言われるがままにコンタクトレンズを買ってしまう人もいるでしょう。なかでも、ものすごく安い値段で販売しているようなお店には気をつけなければいけません。ここで、お店選びのポイントを見てみましょう。

1.お店に眼科が併設されている場合、そこの医師は本当に眼科専門医かどうかを確認しましょう。
2.万が一、コンタクトレンズが合わなかった場合、交換や保証の制度が整っているかどうかを確認しましょう。
3.数多くのメーカーのコンタクトレンズが種類豊富に揃っているかを確認しましょう。
4.乱視用や遠近両用などの特殊レンズにも対応してくれるかどうかを確認しましょう。
5.コンタクトの種類だけでなく、ケア用品の種類も豊富で使い方などを丁寧に説明してくれるかどうかを確認しましょう。

専門店と眼科

みなさんは、コンタクトレンズをどこで購入していますか?大きくは専門店、眼科、通販の3つに分けられると思います。通販については別のページで紹介しているので、ここでは残り2つの購入方法を取り上げます。

専門店

多くの人が専門店でコンタクトレンズを購入しています。専門店だけあって、メーカー数やレンズの種類も豊富にあります。また、値段の安さや夜遅くまでの営業時間、充実のアフターケアなども魅力的ですね。大手チェーン店で購入すると、もし引っ越しなどで違う土地に行っても同系列のお店に行けば、データがちゃんと残っているので、すぐにサービスを受けることができます。

眼科

コンタクトレンズの処方を行っている眼科でコンタクトレンズを購入できる場合もあります。眼科で検査してもらい、近くの専門店などでレンズを買うのが面倒な人にはおすすめです。1ヶ所で検査も受けることができて、コンタクトレンズも入手できるのですから…。眼科で購入となると、専門店に比べて少し値段が高くなりますが、それでも“確かなモノを購入できる”という意味で、眼科のコンタクトレンズを選ぶ人は少なくありません。

コンタクトレンズ選び

視力矯正用のコンタクトレンズを選ぶ際には、眼科の医師から渡された処方箋を販売店の店員さんに見せれば、ちゃんと合ったものを買うことができます。あとは、目に優しいコンタクトレンズを選ぶことが大切です。また、下記以外のポイントについては、「コンタクトの種類」というカテゴリ内のページをご覧ください。

酸素透過性

常に呼吸している角膜に直接コンタクトレンズをつけることは、呼吸をできない状態にすることになります。そのため、目が酸素不足にならないように、酸素透過性の高いものを選びましょう。

安全性

使い捨てタイプ

特に長時間コンタクトレンズを使おうと考えている人は、注意が必要です。レンズの汚れなどによって、重い目の病気を引き起こす可能性があるからです。定期的に新しいレンズに交換できるタイプがおすすめです。


その他の注意点

初心者でも、すでにコンタクトレンズを使用している人でも、騙されやすいのが新聞のチラシや電車内の広告です。『今だけの超特価!』といった宣伝文句を信じ、実際にコンタクトレンズの専門店などに行くと、店員さんに目当てのものとは違うものを勧められることがあります。ですが、「広告の品物をください」としっかり伝えましょう。そして、もし在庫がないと言われた場合に、違うものを買うか、取り寄せてもらうかを考えましょう。


Copyright(c) 2010 コンタクトレンズのHOW TO All Rights Reserved.