素材で選ぶ! - 【コンタクトレンズのHOW TO】

素材で選ぶ!

コンタクトレンズは色々な分類のしかたがありますが、素材の面では大きくハードコンタクトレンズと、ソフトコンタクトレンズに分けることができます。それぞれに利点・欠点があり、使い心地の良さもその人の感じ方で異なります。ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ…みなさんはどちらを選びますか?

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは硬い素材で作られていて、直径8~9ミリで黒目の部分よりも小さいのが特徴です。このハードコンタクトレンズの中で、さらに酸素を通さないタイプと酸素透過性タイプがありますが、最近では酸素透過性タイプが一般的になっています。

利点

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは矯正効果が高く、しかもソフトコンタクトレンズでは矯正しきれない乱視の矯正をすることができます。また、硬い素材のため、レンズ寿命も比較的長く、汚れも付きにくいので手入れが簡単で助かります。

欠点

ハードコンタクトレンズ最大の欠点は、ほんの小さなゴミでも目に入ると激痛が走ることです。レンズが硬いため、慣れるまでは我慢するしかないでしょう。ただ、ドライアイや極度に神経質な性格の人は、いつまでも異物感が消えずに使えないこともあります。さらに、外れやすいので激しいスポーツ時には向きません。また、小さくて探すのが大変なので、落とさないように気をつけてください。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは軟らかい素材で作られていて、直径13~14.5ミリで黒目の部分よりも大きいのが特徴です。最近は酸素透過性の高いレンズや水分含有量の高いレンズが発売され、注目を集めています。ソフトコンタクトレンズの中で、さらに使い捨てタイプや頻回交換タイプなどがありますが、それらについては次の項目をご覧ください。

利点

ソフトタイプ

ソフトコンタクトレンズは軟らかいため、異物感が少なく、コンタクトレンズ初心者でも比較的短時間で慣れることができます。レンズに水分が含まれているので、乾燥をあまり感じず、使い心地の良さが魅力的です。外れにくいことから、スポーツ時にも適しています。

欠点

目の検査

水分を含む特性には利点と共に、涙の成分や様々な汚れが付きやすいなどの欠点もあって、それによりレンズの寿命が短くなります。また、不正乱視の矯正には向いていません。さらには使い心地がいいことで、目の不調に気付きにくい点にも注意しなければいけません。異常に気付いたら、早めに眼科を受診しましょう。

その他のコンタクトレンズ

上記のソフトコンタクトレンズは、さらに細かく「使い捨てタイプ」と「頻回交換タイプ」に分けられます。2種類ともそれぞれの利点があるので、自分の好みや生活スタイルによって、使い分けると賢い使い方をできるかもしれません。

「使い捨てコンタクト」

使い捨てタイプ

「使い捨てコンタクト」は、一度使って外したら、もう同じものは使わずに捨てるコンタクトレンズです。「使い捨てコンタクト」には、1日で捨てるタイプと、最長で1週間続けて使うことができるタイプがありますが、目のトラブルを起こさないためには「1日使い捨てタイプ」をおすすめします。どちらもレンズケアは不要で、必要なときだけ使うことができるので、スポーツや旅行の際に重宝します。

「頻回交換コンタクト」

「頻回交換コンタクト」は、「使い捨てコンタクト」とは違って、一度外したレンズをきちんと洗浄・消毒して再利用します。基本的にレンズの使用は、最長で2週間と決められています。その期間使ったあとは捨てて、新しいレンズと交換します。また「頻回交換コンタクト」の場合、次の交換まで2週間と余裕があり、新しいレンズの準備を忘れがちになるので、前もって数枚セットで購入しましょう。ちなみに、使用期間が最長1ヶ月または3ヶ月のものは「定期交換コンタクト」といいます。


Copyright(c) 2010 コンタクトレンズのHOW TO All Rights Reserved.