装着方法と外し方 - 【コンタクトレンズのHOW TO】

装着方法と外し方

コンタクトレンズが手元に届いたら、いよいよ実際につけてみましょう。直接目に入れるものなので、間違った使い方をすると角膜に傷をつけ、様々な目の病気を引き起こす原因になってしまいます。ここでは、コンタクトレンズの正しい装着方法と外し方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

装着の準備

笑顔の女性

コンタクトレンズをつける前に準備をしなければなりません。この準備をしっかりとすることで、コンタクトレンズの使い心地も格段に良くなります。明るく清潔な場所でコンタクトレンズをつけ・外しするようにしてください。


1. まずは鏡を見て、充血はしていないか、目やにが出ていないかなど目の状態をチェックしましょう。この時点で何か異常があった場合は、コンタクトレンズは使用せずにメガネにするか、または早めに眼科を受診してください。

2. 手・指先を石鹸(またはハンドソープ)で念入りに洗い、そのあと十分にすすぎましょう。また、コンタクトレンズに傷をつけてしまうおそれがあるので、爪が伸びている場合は切りましょう。

3. 利き手の人差し指のハラにコンタクトレンズを吸い付けるようにして、容器からゆっくり取り出しましょう。取り出したレンズは保存液でよくすすぎましょう。乱視用ソフトレンズの場合、軸を合わせることも忘れないでください。軸がズレていると、はっきり見えません。

4. レンズの凹面が上になるように向きを変えて、利き手の人差し指のハラに置きなおしましょう。そして、異物の付着や傷、汚れなどのチェックをしてください。

5. 最後に裏表、左右を確認しましょう。コンタクトレンズの縁が外側に出ていると、裏返しの証拠です。また、左右を間違えないためには、いつもどちらか決まった側からつけたり、外したりすると間違いを減らすことができます。

装着方法

コンタクト

いざ、コンタクトレンズを目の中へ!初めての場合は勇気が必要だと思いますが、手順通りに正しく装着すれば、痛みもなく済みますよ。2通りの装着方法を紹介します。


装着方法・その1

1. 利き手の人差し指のハラに凹面が上になるよう、コンタクトレンズを乗せます。

2. その手の中指で下まぶたを引き下げ、もう片方の人差し指でまつげの生え際を押さえて上まぶたを大きく引き上げます。

3. 鏡を見ながらレンズを目にゆっくり近づけて、黒目にやさしく乗せます。きちんと乗ったら、指をレンズから静かに離します。それから、まぶたを押さえていた指も下まぶた、上まぶたの順に離します。

4. 少しの間軽く目を閉じてコンタクトレンズを落ち着かせてから、数回軽くまばたきをして、レンズの位置を確認します。

装着方法・その2

1. 右目につけるときは左手、左目につけるときは右手の人差し指のハラにコンタクトレンズを乗せます。

2. レンズをつけるほうと逆の手の親指で下まぶたを引き下げ、人差し指でまつげの生え際を押さえて上まぶたを大きく引き上げます。

3. 鏡を見ながらレンズを目にゆっくり近づけて、黒目にやさしく乗せます。きちんと乗ったら、指をレンズから静かに離します。それから、まぶたを押さえていた指も下まぶた、上まぶたの順に離します。

4. 少しの間軽く目を閉じてコンタクトレンズを落ち着かせてから、数回軽くまばたきをして、レンズの位置を確認します。

外し方

コンタクトレンズを外す前も、丁寧に手・指先を洗いましょう。では、コンタクトレンズの外し方を紹介していきます。

ソフトコンタクトレンズの外し方

1. 鏡を見て、コンタクトレンズの位置を確かめたあと、黒目を上に向けます。

2. 利き手の中指を使って、下まぶたを少しだけ引き下げます。そして、人差し指でレンズを少し下のほうにずらします。

3. その状態でレンズから手を離さずに、親指も添えて静かにつまみ、レンズを外します。

4. もしレンズの貼りつき感が感じられる場合は、何度か強くまばたきをして、貼りつき感が解消されてから外してください。

ハードコンタクトレンズの外し方

1. 鏡を見て、コンタクトレンズの位置を確かめたあと、目を大きく開けます。

2. コンタクトレンズを外す側の手の人差し指で、上まぶたのまつ毛の生え際を押し上げます。

3. 押し上げた指を垂直にし、指のハラで下まぶたを押さえます。そのまま耳側の少し上のほうにまぶたを引っ張ります。

4. 落ちてきたコンタクトレンズをもう片方の手で受け止めます。


Copyright(c) 2010 コンタクトレンズのHOW TO All Rights Reserved.